優先順位法
優先番号法
Priority Method
「革新的生産スケジューリング入門」第2章講義9

各時点で同時に着手可能ないくつかの作業に、あるルールに従って優先順位をつけ、それに従って着手する順序を決めて行くスケジューリング手法。全体最適、すなわち最短の工期を得る保証はないが、簡単な手続きで解決策を得る点がメリット。ルールとしては、タスクの納期順、作業時間の短い順、LPSTの早い順、などがある。