MPS
基準生産計画
Master Production Schedule
「革新的生産スケジューリング入門」第3章講義12

計画需要量と、手元の引き当て可能な製品在庫ならびに安全在庫量からかんがみて、(かつ複数の工場がある場合には、どの工場で生産を担当すべきかも考慮の上で)、計画上の必要生産量を定めたもの。
MPSは「生産オーダー」から構成され、MRP(資材所要量計算)のベースであり、スケジューリングの第一ステップとなる。